腰痛とストレス、遠赤外線サウナの関係

以前NHKのためしてガッテンを見ていたら腰痛とストレスの関係の番組をやっていた

腰痛の原因は重いものを持ったり長く腰をかがめた姿勢が続いたりが重なって

ギックリ腰になったり椎間板ヘルニアになったりして激痛が出るものと思っていたが

普通に生活できないくらいの激痛になってしまうのはストレスと関係があるそうだ

普通にストレスが無い時は脳の側座核(そくざかく)と言う部分が痛みに反応して

鎮痛物質がでて腰痛が軽減されて激痛にはならないそうだ

しかし、ストレスが多いと脳の血流量が低下して側座核から鎮痛物質がでないので

腰痛が直接脳に伝わって腰の激痛となってしまうようだ

また、椎間板ヘルニアはほっておいても2,3年で白血球が食べて自然に無くなるとも番組でいっていた。

そういえば遠赤外線サウナを愛用者している知人から「遠赤外線サウナは腰痛に良い」と聞いとことがあるが

遠赤外線サウナに入ると痛い腰が温まるのと腰や脳の血流も良くなってリラックスできるのでストレス解消にもとてもよいと思う

遠赤外線サウナが腰痛に良いといわれる理由が理解できた。

カテゴリー: サウナと健康 パーマリンク