「体温を上げる」と「加温」の違い

「体温を上げる」と健康になると言われています。

一般的に「体温を上げる」と言った場合は冷え性や低体温に対して

36.5℃の標準的な基礎体温に戻すことを意味しています。

基礎体温が低くて低体温や冷え性の場合は血液の循環も悪く代謝も下がってしまいますので体に不調を来たします。

冷え性や低体温の場合は36.5℃の基礎体温になるように生活習慣を見直すことが大切です。

遠赤外線サウナに入って「体温が上がる」と言った場合は2つの意味で「体温が上がる」と言うことです。

まず第一は低体温や冷え性の場合対処法として取り合えず体温は上がります。

定期的に遠赤外線サウナに入ることによって基礎体温が少し上がってきます。

第二は加温と言う意味で遠赤外線サウナの中で汗だくになるなるときの体温は38℃位になります。

最近、マイルド加温で熱ショックタンパク質が体の細胞の中に増えて健康になると話題になっています。

ここで言う「体温を上げる」とは36.5℃の体温に上げることではなく38℃位に加温することです。

遠赤外線サウナで定期的にマイルド加温して汗だくになる位の38℃位に体温を上げて健康管理に役立ちます。

カテゴリー: その他 パーマリンク