温熱と血流

健康を維持する為には血液の流れをよくすることが大切です。

血液は全身の細胞へ新鮮な酸素や栄養素、ホルモン、免疫細胞、体温等を送り届け

不要になった二酸化炭素、老廃物等を回収して肺や尿から排泄します。

血液の流れが悪くなると体の機能が低下します。

体が冷えると全身の毛細血管が細くなって血液の循環が悪くなります。

逆に、体を温めると毛細血管が拡張して血液の流れがよくなります。

温泉などにゆったり入ると皮膚がピンク色にななるのは

血液が透けて皮膚が赤みを帯びているからです。

これは皮膚の血流がよくなった証拠です。

一日一回は遠赤外線サウナで温まると健康管理に役立ちます。

カテゴリー: サウナと健康 パーマリンク