冷え性(症)の原因は生活習慣

冷え性(症)の原因は、
ストレスや間違った食生活、服装、運動不足
などの生活習慣です。

ストレスを受けると自律神経の交換神経が優位になり
毛細血管が細くなって手足が冷えます。

体を冷やす陰性食品
バナナ、トマト、キウリ、ナス、パイナップル…・
夏の果物や野菜が
季節に関係なく売られています。
体内のミネラル・バランスが狂ってしまいます。

ファッションで冬でも薄着では
体を冷やしてしまいます。
特に女性の場合はスカートで冷えてしまいます。

体の熱は主に筋肉で作られています。
運動不足で筋肉が衰えると体温も上がりません。
また、血流も悪く冷えます。

このように冷え性(症)の原因は生活習慣が問題です

冬は電気毛布で休まれる方もおりますが
表面だけなので体の芯までは温まっていません
電気毛布に包まっている時は良いですが
出ると直ぐに冷えてしまいます。
一日中電気毛布に包まっているわけにもゆきませんね

体の芯まで温めるには遠赤外線サウナが一番です。
遠赤外線サウナも1日中暖かい分けでは有りませんが
芯からしっかり温まっているので暖かさが長持ちします。

カテゴリー: 冷え性対策・汗 パーマリンク