ミストサウナと遠赤外線の違い

ミストサウナは水蒸気(ミスト、霧)の熱でサウナ室内の温度を上げて35℃~45℃程度の温度で使用します。夏の暑いときに湿度が多いと蒸し暑いようにミストサウナは湿気の多さで体を温めます。  ミストサウナの温度はやかんの口から吹き出る100℃の水蒸気では火傷するように、高い温度では火傷するのでミストサウナは高温の設定はできません。  最近は浴室で使用するミストサウナが出回っています。ミスト排水の特性上、ミストサウナを家庭で使うためには浴室以外では無理があります。ミストサウナ使用後は浴室が湿気てしまいますので使用後は乾燥する事が必要です。  ミストが顔や肩に落ちてくるときの熱い刺激は気持ちよく感じますが、ミストサウナは温度を高くすると火傷してしまいますので適度な温度の調整で使用し、低い温度では足やお腹は温まりにくく、家庭用のミストサウナだけで体の芯まで温まるには無理があります。しかし、浴室にあるのですからお風呂との併用で体も温まり汗もでてサウナとして気持ちよく使用できます。  遠赤外線サウナは遠赤外線の輻射熱でサウナ室内を40℃から65℃程度に暖めて、さらに遠赤外線の深達力で直接体の芯から温まり発汗します。勿論、サウナで発汗した後はシャワーやお風呂に入りますが遠赤外線サウナ単独で十分体の芯から温まり発汗します。

カテゴリー: 日記 パーマリンク