血液が薄い貧血タイプの冷え性

血液が薄い貧血の人は冷え性になりがちです。血管よりも中を流れている血液そのものに問題があるからです。主に鉄分の欠乏や長年の偏った食生活が原因です。女性の方は生理があるため貧血傾向に成りがちですので、冷え性が女性に多い理由です。生理は女性特有の自然な体の営みですが、女性全員が冷え性になるとは限りません。生理痛がひどいため、仕事や通学に支障の出る人もいます。生理痛が解決したらどんなに人生が快適になるかと考えた人は多いことでしょう。また、貧血の人は朝がなかなかすっきり起きれないで、気分が優れない人がいます。この様な貧血が原因でおこる生理痛や立ちくらみ、朝の寝起きが悪いなどの冷え性を改善するには、根本的生活改善が必要です。長年の生活習慣が原因で貧血になったと考えられますので、鉄分を多くとりながら生活改善を時間をかけてやる必要があります。

遠赤外線サウナで温熱療法を行うと、遠赤外線のもつ熱作用や深達力の働きで下半身が暖まります。子宮や骨盤が暖まりますと血流が良くなり、生理通が和らぎます。骨盤内に滞った汚血も循環し出して悪い血液が排泄されます。朝の目覚めが爽やかになります。朝起きて直ぐの15分から20分の遠赤外線照射は体温上昇をもたらし、一日が元気に出発できます。また、遠赤外線サウナで胃腸を温めますと、腸からの鉄分吸収を助けてくれますので、貧血の改善を早めるのに役立ちます。

カテゴリー: 冷え性対策・汗 パーマリンク