夏はたっぷり汗を流して余分な塩分を出しましょう。

台風の後は昨年の猛暑から比べると、

今のところ比較的過ごしやすい気温です。

日本人は常日頃から塩分を取りすぎの傾向が有りますので、

夏は汗をたくさんかいて余分な塩分を排泄する事をおすすめします。

塩分取りすぎで高血圧になっている人も汗をかいて、

塩分を出せば血圧が下がる可能性が有ります。

少し汗をかいたからと言って塩飴等をなめると

逆に塩分取りすぎになることも有りますのでご注意下さい。

少しの汗は汗腺で塩分を再吸収する仕組みになっていますので

意外と塩分の排泄は少ない物です。

カテゴリー: 冷え性対策・汗 パーマリンク