夏の入り方

遠赤外線サウナの夏の入り方、 今日は時間を計りながら65℃の温度設定で入ってみました。10分経過する頃には大量に汗をかいていました。息苦しくなってきたので、上のファスナーを5cm位空けると涼しい空気が入ってきてとても清清しい感じです。15分で十分な発汗をしました。

汗をかく時には裸かサウナの置く場所によっては家族の手前下着を付けて入るのがベストです。遠赤外線の深達力で体の内部は暖まりますが、出た汗で気化熱を奪われ体の表面が冷えますので爽快感が有ります。服を着て入ると出た汗が蒸発できませんので爽快感は半減します。
夏は遠赤外線の光線浴よりは発汗浴です。光線浴と言っても夏はどうせ汗が出てきます。

お風呂は入浴後に汗がなかなか止まりませんが。遠赤外線サウナはお風呂と違って皮膚の表面が汗で冷やされるので汗の引きは意外と早いです。(お風呂は皮膚の表面が熱くなるので汗がなかなか止まらないようです。)

サウナの後に水風呂に入るのが好きな方もいますが。私は好きでは有りません。夏のサウナの後はぬるめのシャワーにします(37℃位かな?)。

カテゴリー: サウナの入り方・体温・温度 パーマリンク