冷えを放置すれば病気にも

 冬は靴下を履かないと眠れない、指先が直ぐに冷たくなってしまう、夏は冷房の部屋では足元に電気ストーブを置きたい、そんな冷えでお悩みの方はあなただけではありません。漢方薬を試してみたが、長続きしなかった。足湯を買ったが、水換えが面倒になった…。色々やってみたが! 冷えには様々な原因が有ります。

 手足が冷たい、顔色が悪い、お腹が冷えている感じ
夏なのにほとんど汗が出ない…・・

 触ってみると足が冷たいのに
慢性化して冷えを感じない方もおられます。
しかし、聞いてみると
足がシビレる、ヒザが痛い等の症状があったりします。
肩凝り、腰痛、ヒザ痛、生理痛、下痢、便秘、疲れが取れない…
あなたと同じ冷えを感じている方は
凝りや痛みだけでなく病気の悩みをかかえいる方もたくさんおられます。

 ストレスからも冷えが来るのはご存知でしたでしょうか?
自律神経が体温調節と大きく関わっているからです。

 冷え対策を怠ると冷えの悪循環にはまってしまいます。
冷えから体のバランスが崩れると
体調を崩してしまう事が多く有ります。

 冷えを放置すると病気にもなりかねません

 冷え対策に足湯を購入する方もおられますが
水替えが面倒になって続かない方が多いようです。
また、足だけでは不十分です。
足湯は血流によって全身が温まる仕組みですので
凝りの部分、血流の悪い部分はあまり暖まっていません
本当に温めて欲しい部分はその血流の悪いところです。

 遠赤外線は生物への生命エネルギーを与えることから
生育光線とも言われています。

 遠赤外線は血流の悪い部分も直接、遠赤外線の深達力で温めてしまう分けです。

カテゴリー: 冷え性対策・汗 パーマリンク