空気中の湿気(水分子)が体温を奪ってゆく

暑くなったかと思ったら、また雨が降って涼しくなったり気温の変化の激しい季節です。体調を崩さない為にも天気予報で今日の予測気温の温度を確認をして服を着て出かねるのが必要です。

雨が降って気温が下がると空気中の湿気(水分子)が体温を奪ってゆきますので、特に冷え性の方は要注意です。冷え対策で一枚余分に羽織って出かけましょう。

湿気が多いと夏は蒸し暑く感じますが冬はさらに冷えます。湿気と温度の関係は風と体感温度の関係のようですね、特に冷え性の方は雨の日は注意しましょう。

体が冷えてしまった時にはサウナで温まって一日の疲れをリセットするのは良い方法です。

ページ紹介:温熱療法がん効果は自宅でできない?

カテゴリー: サウナの入り方・体温・温度 パーマリンク