シミ、ソバカスを抜く効果的方法

★ シミの原因
シミはメラニン色素が皮膚に沈着してできる症状です。健康な状態で皮膚の新陳代謝が正常に働いていれば、メラニン色素は皮膚に沈着しないで、アカとなって皮膚から自然と排泄されます。ところが、何らかの原因でメラニン色素が増加し、排泄作用が劣ると、皮膚に沈着してシミになります。ソバカスやくすみや眼のまわりのクマもシミと同様にメラ二ン色素が沈着してできる症状です。 シミができる原因をもう少し詳しく上げますと、次のような事が考えられます。 皮膚細胞の老化現象 冷え症による血行不良 内臓の機能低下(副腎や腎臓や肝臓の機能低下) ガンなど病気 ホルモン分泌の異常 精神的ストレス 強い紫外線 食生活や生活習慣の乱れ
★ どうすればシミがとれるか?
シミをとる方法は皮膚科の病院で、レ-ザ-治療や薬で治すことが一般的です。最近はレ-ザ-治療が進んでいます。一人で悩まずに気楽に相談してみては如何でしょうか。ここでは、もっと根本的治療を提案したいと思います。 シミの原因には病気が原因でメラニン色素が増加してできたものと、その人自身の長年の生活習慣が原因でできた2通りがあります。病気が原因ならば、まず病院でその病気を治す事が先決です。しかし、長年の生活習慣が原因でシミを作っているとすれば、いくら一時的に治療しても、また何時の間にかシミができてくるとも限りません。できれば自分の生活習慣の改善をすることで、シミのできない体質を作る事が大切です。もともとシミの根本原因は体の新陳代謝が悪くなり、本来自然と排泄されるはずのメラニン色素が、皮膚内部で沈着してできた訳ですから、体の新陳代謝を活性化すれば、皮膚の細胞がどんどん新しい細胞に入れ替わって、美しい皮膚細胞ができるはずです。
★ 体の新陳代謝を良くする方法 ~遠赤外線温熱発汗療法のすすめ~
新陳代謝をよくするには、体の冷えをとることが最も大切です。冷えは「万病の元」と言われますが、冷えは血液の循環を悪くし、血行不良の原因を作ります。冷えは細胞次元で老化を早めています。細胞の老化は見えない臓器にも始まっていますが、目に見える皮膚細胞の老化現象の一つがミシです。顔に出る血行不良で解り易い例は「眼のまわりのクマ」です。このクマもシミの一つの現れと言われています。新陳代謝を良くし、血液の循環を良くする最高の方法は遠赤外線で体を温めて、発汗する方法が効果的です。
★ 遠赤外線には次のような良い点があります
温熱作用(体を温める作用) 浸透力(体の深部まで浸透する力) 共鳴共振反応(人体と同 じ波長の10μ前後の波長の遠赤外線を当てると共振する) この3つの原理を利用して作られたのが遠赤外線サウナです。遠赤外線サウナは低温サウナとも呼ばれ、40℃から60℃で発汗でき、100℃以上のストーブ式高温サウナより安全で効果が優れていると言われています。 遠赤外線サウナは冷えた体を体の芯から温め、新陳代謝を良くし、血液の循環を良くし、血行不良を改善し、体の60兆個の細胞に生命力を与えてくれます。また、発汗で体の中に蓄積した有害老廃物を排斥する力が抜群です。遠赤外線サウナの温熱発汗作用で、シミのない色白の透きとおった潤いある肌を取り戻しましょう。温泉地の女性がすべすべした肌で、美しい人が多いといわれる理由は遠赤外線効果だと言われています。

カテゴリー: サウナと美容 パーマリンク