心臓病と遠赤外線サウナ

一般的に心臓病の人はサウナに入ってはいけないと言われています。

勿論、100℃前後ある高温サウナの場合には心臓に負担がかかりますので注意が必要です。

しかし、低温の遠赤外線サウナの場合には心臓病の方でも入ることができます。

鹿児島大学病院では60℃の遠赤外線サウナを心臓病の治療に活用しています。

これは心臓の心筋に血液を送っている血管の血流が

遠赤外線サウナの温熱作用によって改善されるためと言われています。

その結果として心臓の機能が回復してくるようです。

また、心臓が弱くなると全身の血流も悪くなり体が冷えます。

冷えは万病の元とも言われますので冷えによって体全体の健康を害してしまう危険性もあります。

低温の遠赤外線サウナで温まることは心臓にも健康増進にも良いことです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク