熱中症の予防は発汗習慣を!

今年は猛暑で熱中症にかかる人が多いようだ、対策としては水分補給、涼しい服装、外出時には帽子や日傘、室内では冷房や扇風機で体温を上げない工夫が必要だ。勿論、規則正しい食生活や睡眠も大事だ。

予防として日常から心がけておくことは汗をかく発汗習慣が大事だ、汗の一番の役割は体温調節にあるからだ。汗が蒸発するときに気化熱を奪って体を冷やしてくれる。

普段汗をかく習慣が無い場合は体温が上がっても直ぐには汗がでないので体温が下がらず、体温が上昇しすぎて、風邪をひいて熱が出ているような体の状態で、気分が悪くなったりと熱中症となってしまう。

汗にも良い汗と悪い汗がある。

良い汗は普段汗が良くでる発汗習慣のある人の汗で、体全体の汗腺が活性化しているので、体全体から比較的粒の小さい蒸発しやすい汗がでる。汗の成分も体に必要なミネラル分等は汗腺で再吸収されてさらりとした汗になる。

それに引き換え悪い汗は普段あまり汗をかく習慣が無く、体温が上がっても直ぐには出ず、出たかと思ったら急激に大粒の大量の汗がでて、ミネラル分の再吸収も間に合わないのでべたつき乾燥しにくい汗となってしまう。汗が出るとどっと疲れてしまう汗である。

夏を快適に過ごす為には遠赤外線の家庭用サウナで常日ごろから汗をかき発汗習慣を身に着けることが大事だ。

カテゴリー: 冷え性対策・汗 パーマリンク